読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『しろくまちゃんのほっとけーき』

これは双子が0~2歳くらいの頃、暗唱するほど読みました。というか、今でもほぼほぼ丸暗記していると思います。誰もが知ってる名作絵本。「名作にはずれなし」です。

 

こぐま社(1972)

作 若山 憲

私的推奨年齢 0歳~

絵のタッチ ビビットな色彩に赤ちゃんくぎ付け

正直に言うと、私はこの絵本の絵があまりすきではありません。まず色がキツイ。そしてしろくまちゃんの目が怖い。と私は思います。でも赤ちゃんはこのはっきりした色と線が大好きみたいで、7か月くらいの双子に読んでいると、二人とも絵本に向かってほふく前進で突進して必死に触ろうとしていました。おかげで我が家の「しろくまちゃんのほっとけーき」はボロボロですw見開き2ページ使ってホットケーキが焼きあがる過程を描いたところはインパクトがあって可愛くて好きです。

ストーリー 作る楽しさと食べる楽しさ

しろくまちゃんはママと一緒にホットケーキを作ります。道具をそろえて、材料を用意して、まぜまぜして、焼いていきます。食べるときはお友達のこぐまちゃんと一緒に。2人でお皿も洗います。

作る喜びと食べる楽しみ、両方あるのがいいですね。ホットケーキは離乳食後期くらいから食べられるんですっけ?そういう赤ちゃんにとって身近な、好きな食べ物を作る過程には、子どもなら誰しも興味を持つことと思います。この絵本を読んで育ったせいか、双子は小さいときからお料理やお菓子作りが大好きで、最近ではどら焼きやらマドレーヌやら作ってます。我が子とお菓子作りをするのは昔からの夢だったので嬉しい限りです(^^♪

ことん・ふわふわ・ごとごと・ふくふく…擬音語が随所に散りばめられているのも、楽しいですね!

 

↓ぽちっとな~。励みになります


にほんブログ村