読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『すてきな三にんぐみ』

最近年度末に向けて幼稚園関係の用事が増え、ブログと向き合う時間が中々とれません(´;ω;`)ウゥゥ

今日はちょっと難しいはずなのに何故か2歳の頃から双子の心を捉えて離さない絵本をご紹介します。

 

偕成社(1969)

作 トミー=アンゲラー  訳 今江 祥智

私的推奨年齢 3歳~

絵のタッチ 青と黒の版画のような、インパクトのある絵

青と黒を基調とした絵で、三人組に襲われる人達や子どもたち、お金などに使われる黄色や赤がさし色になっちて、印象に残る絵です。特にまっ黒なマントと帽子でかなり簡略化して描かれる三人組はインパクト大で、子どもたちは大好きです。

ストーリー 泥棒三人組が孤児を助ける話

恐ろしい泥棒三人組は、ある日みなしごのティファニーちゃんが乗った馬車を襲います。何も盗るものがなかったのでティファニーちゃんを連れて帰ったのですが、ティファニーちゃんに「貯めたお金はどうするの?」と聞かれた三人は、困ってしまいます。お金の使い方など考えたこともなかったからです。悩んだ3人はお城を買い、国中の孤児を集めて一緒に暮らし始めました。子どもたちは大きくなると結婚してお城の周りに家を建て、街ができました。

 

内容もちょっと難しいし、読みが時代劇っぽくて言葉遣いが独特なので、4歳くらいにならないと内容はわからないかなと思います。「ご婦人」「きもをつぶす」とか、今あんまり使わないですもんねー。好き嫌いはかなり分かれると思いますが、うちの子どもたちはその時代劇っぽいおおげさな雰囲気が好きみたいで、2歳くらいの時から図書館で借りて読んでいて、あまりにも気に入ってるようなのでその後購入しました。力強い絵も子どもたちの好きなポイントのようです。私も講談師になったようなつもりで楽しく気合いを入れて読んでいます(o^^o)