読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

双子育児まんが読むならこれ

絵本ではなくて、双子育児を扱ったマンガのお話を。

双子育児に限定して書かれた育児書というのもあるんですけど、内容が浅くてあまり役に立たないことが多かったんです。

そんな中で参考になったというか、心の支えになったというか、楽しく読めたオススメマンガをご紹介したいと思います。

①ふたご育児ニコニコ日記

f:id:precious_days2000:20170203235223j:plain

 

著者の横山文恵さんがご主人と4歳の長男、そして男×男の双子との生活を描いた双子育児マンガ。こちらの双子ちゃんは喘息持ちだったり、1歳半ごろから始まったイヤイヤ期がとっても激しかったり、なかなか大変な育児模様なんです。でも横山さんはとってもタフで発想が面白くて、育児に協力しているお母様やご主人がとってもおおらかで、面白いんです。居室内の安全対策や生活リズムの整え方・寝かしつけの技術などは実践的で参考になるし、あまりに悲惨な看病の様子に「こんなに大変な思いしてる人もいるんだから自分も頑張ろう…」(失礼w)と思えるし、とにかく笑えて気分転換になるし、双子ママには是非とも!双子とは縁のない方にもお時間があれば読んでいただきたい1冊です。発行が2003年で、この双子ちゃんは90年代後半の生まれなので、育児常識が今と少し違う部分もあります(離乳食始める前に果汁飲ませてたり)が、そういう点も、「こんな短期間で育児のやり方って変わるんだな」と勉強になりました。

 

②ぷりぷりふたごシスターズ

 

こちらは可愛い女の子の双子ちゃんで、2歳過ぎからがメインなのであんまり育児の参考になるとかではないです。罪のない可愛い下ネタをメインに、双子のいる日常が面白く切り取られていて、ほのぼのします。育児書とか子育てマンガの類は一切読まない夫もこれは大笑いしながら読んでいました。双子育児の楽しい面が詰まった1冊はぜひプレママにも、パパにもお勧めしたいです。

 

↓ぽちっとな♪


にほんブログ村