読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『かいじゅうたちのいるところ』

幼い男子の双子などというものは、さながら怪獣のようなものです。。

 

冨山房(1975)

作 モーリス・センダック 訳 じんぐうてるお

私的推奨年齢 3歳~

絵のタッチ 児童文学の挿絵のような、宗教画のような

細かい線で影をつける感じがちょっと進撃の巨人のようだな、とも思うんですけどw子どもの頃読んだ外国の児童文学の挿絵はこんな感じだったような気がします。ぎょろ目の怪獣たちは動きも表情もコミカルでぶさ可愛い。

ストーリー ママに怒られた男の子が怪獣の世界へ冒険に出る話

大暴れしたマックスは夕ご飯抜きで寝室に放り込まれます。すると寝室に木が生えだして森になり、船まで流れてきます。マックスはその船に乗って後悔に出ると、やがて怪獣たちの住む島に到着します。マックスは怪獣たちの王様になって楽しくすごしますが、だんだん寂しくなってきて、家に帰ろうとします。怪獣たちを振り切って自分の部屋に帰り着くと、そこには温かいご飯が用意されていました。

家の中で暴れすぎてママに叱られる。そんな幼児なら誰でも経験したことがあるような場面から始まることで、うちの子たちはすごく親近感を感じているようです。そして「晩御飯ぬきで寝室に放り込まれる」という怖すぎるお仕置きをされたマックスに少し同情しているようでもあります。そして怪獣たちと友達になるのでも戦うのでもなく、怪獣たちの王様になるというところも、男の子ごころをくすぐるようです。自分より体も大きくて強いはずの怪獣を手なずけて肩車してもらったり。わんぱく坊主が興奮しないわけがありませんw

双子兄・ちいちゃんは「ばんごはん抜き」というフレーズがとても気に入っていて、あんちゃんが悪さをしていると「そんなことしてると晩御飯抜きだよ」とお兄さん面で怒ります。私がそういう怒り方してると思われるから、どうか外では言わないで(;´∀`)

 

↓励みになります!ぽちっとな~
にほんブログ村