読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『おしくら・まんじゅう』

「だるまさんが」シリーズで有名な、かがくいひろしさんの作品です。「1歳児が声を上げて笑うよ」と勧められただるまさんシリーズはうちの子達には不発で。多分普段から絵本を読み慣れていたあの子達には短すぎたのかもしれません。「もう終わり??」と怪訝な顔で見られたので。この作品は長さも内容も双子の感性にぴったりはまったみたいで、本当に1歳児はケラケラ笑っていました。

 

ブロンズ新社(2009)

作 かがくいひろし

私的推奨年齢 1歳~

絵のタッチ ゆるきゃら

パステル画のような優しいタッチで描かれるおまんじゅう達は手足が短くて目がクリクリでゆるキャラのよう。表情やしぐさが本当に可愛いです。

ストーリー 可愛い紅白まんじゅうが色々なものとおしくらまんじゅうする話

こんにゃく・納豆・ゆうれい…。可愛い紅白まんじゅうが、色々なものとおしくらまんじゅうしていきます。「納豆とおしくらまんじゅうするとどうなるの!?」と先を予想しながらページをめくるのが楽しい絵本です。擬音語が多くて、オノマトペ大好き芸人である次男・あんちゃんは本当にげらげら声を上げて笑っていました。1~2歳児にはオノマトペと単純な繰り返しが強い。1歳児だと納豆は知っているけどこんにゃくは知らない子が多いですよね?そもそもイマドキの子はおしくらまんじゅうなんて知らないまま育つ子が多いと思うのですが、そんなことしらなくても楽しく読める絵本だと思います。

姉妹作『おふとんかけたら』も可愛くてオススメ!

 


 


にほんブログ村